×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



バリ島では、マリンスポーツを筆頭にゴルフ、ラフティング、乗馬、バンジージャンプなど

様々なアクティビティを楽しむ事が出来ます。 是非色々な事にチャレンジしてみて下さい!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















  
サーフィン&ボディボード


















































  周囲を海に囲まれたバリ島はサーフ ・ ポイントがたくさんあります。
  インド洋に面したポイントでは乾季の4〜10月、
  ヌサ ・ ドゥア地区は逆に11〜3月がシーズンとなり1年中楽しめる。

  板のサイズは6'3 〜 6'6位がベストです。
  でも、NBの板は6'1。 ちょっとテイクオフが遅いけど波にパワーがあるので大丈夫です!

  スキューバダイビング
  巨大な珊瑚礁、色とりどりの魚。 世界中から訪れるダイバーを魅了し続けるバリの海。
  初級者から上級者まで楽しめるポイントがバリにはたくさんあります。
  ライセンスを持っていない人も体験ダイビングでダイブすることが出来ます。
  日程に余裕があればライセンスを取るのも良いかも。 4日間、日本のおよそ半額で取得可能です。
  バリには日本人インストラクターの常駐するダイブショップもあるので安心して楽しむことが出来ます。

  パラセイリング
  所要時間およそ10分、高度約60mの空中散歩が初心者にも楽しめるので人気が高い。
  着陸は緊張するが数人の係員が補助してくれるので安心。
  ヌサ ・ ドゥアやブノア、サヌールの浜辺で行われている

  ウィンドサーフィン
  初めて挑戦するには沖合いにリーフのあるサヌールやヌサ ・ ドゥアの
  ビーチの波が穏やかで適している。立つ事が難しいと言われているが、
  インストラクターに基本から教えてもらえばコツがつかめる。
  北部のロヴィナビーチは上級者向き。

  フィッシング
  マグロ、カジキの大物をクルーザーで追うトローリングはインド洋に面したバリならでは。
  のんびりと釣りを楽しみたいならジュグンをチャーターして竿釣りをするのがお勧め。
  タナロットからジュグンに乗り、サワラ釣りも楽しめます。
  現地の人に売ればジュグンはタダになるかも。笑

  水上スキー ・ ウェイクボード
  1度でもうまく滑れればやみつきになる爽快感で人気。
  モーターボートにひかれ、水しぶきをあげて海上を走りぬけるスピードと
  豪快さは体験してみなければわかりません。
  慣れると乗ったとたん落ちるということもなくかなりのスピードが体験できる。

  バナナボート
  日本でもたまに見かけるバナナボート。 振り落とされそうなスリルが魅力。
  3〜6人乗りなので友人みんなで楽しめる。
  振り落とされてもよいようにライフジャケットは必ず着用。
  気軽に楽しめるとあって人気も高い。  

  ジェット ・ スキー
  水しぶきを上げて豪快に走る姿は見ているだけでも気持ちがいい。
  日本では小型船舶免許が必要だが、バリでは免許無しで運転できる。
  操作方法はとても簡単で、アクセルでスピードとブレーキの調整をするだけなので
  インストラクターの説明を聞けば、初めてでも気軽に楽しめる。 
  機種は安定性の高い座るタイプが初心者向き。

  グラスボート
  船底がガラス張りになったボートは、海中 ・ 海上の2つの景色を楽しむことが出来る。
  泳ぐ必要が無いので、年齢を問わず誰でも心ゆくまで珊瑚やトロピカルフィッシュを眺めることが出来る。
 
  ラフティング
  岩場の早瀬を下るスピードは迫力満点。 
  バリではアユン川、トラガ・ワジャ川等で楽しむことが出来る。
  ずぶ濡れになるので水着参加がベスト。
  NBはオーストラリアでやったけどメチャメチャ楽しかった!もう一回落ちたい。 

  ゴルフ
  バリには世界ベスト50に入る名門コースもあり、世界各国からのゴルファーで賑わっている。
  南国の豊かな自然と、吹きぬける潮風を受けながらのゴルフは最高。
  雨季の場合は夕方や早朝に雨が降る場合が多いので
  着替えは必ず忘れずに持っていった方が良い。

  バンジージャンプ
  究極のスリルを味わうにはそれなりの心構えが必要。 
  地上45mからの眺めは素晴らしいが、大抵の人は余裕のないまま飛び降りる。
  バンジーが出来る場所は3箇所以上あります。